学校長より

学校長あいさつ

 本校は、明治三十年(1897年)に開校し、創立124年目を迎える伝統のある男子校です。卒業生は3万名を超え、日本国内のみならず世界各地で活躍しています。

 「文武両道」・「質実剛健」の校風の振興を図り、21世紀の担い手としての、知・徳・体の調和のとれた人間の育成を基本理念としています。

また、「夢は大きく、志は高く」を合い言葉に、「ひたむきさ たくましさ しなやかさ」 を兼ね備えた豊かな人間性を育み、21世紀の担い手として社会をリードする人材の育成を目指しています。

これからの学校教育においては、歴史と伝統を継承する一方で、急速かつ激しく変化する社会の中で生き抜くために必要な資質・能力を兼ね備えた子供たちを育てていくことが求められています。

そのためには、「主体的・対話的で深い学び」を重視した授業や「カリキュラム・マネジメント」によるグランドデザインやスクールポリシーの作成、社会との接点を重視した「社会に開かれた教育課程」の推進など、「2030年を見据えた新しい教育」についても取り組む必要があると考えます。

今後もこれまでの歴史と伝統を引き継ぎつつ、新しい時代の流れの中で求められている資質・能力を育む教育活動についても、授業、部活動、学校行事、生徒会・委員会活動など学校のすべての教育活動を通して、教職員一丸となって取り組んでまいります。

群馬県立太田高等学校校長  丸 橋  覚

 

 

校長講話など
沿革・教育課程・教育目標
学校評価一覧表
学校評価アンケート
学校案内
人事表明制度